↑一行掲示板です。何か一言残してくれたら嬉しいです(*^_^*)。投稿は左のアイコンをクリック!

2005年10月18日

『ルーク・虹の橋を渡る』の巻

前回の記事のアップした4時間後……お友達犬「ルーク」が虹の橋を渡りました。

ルーク……ラブラドールレトリーバー ♂ 6歳
ガンでした。

昨日の早朝、珍しく公園友達から電話。朝から小麦の散歩で会う友達から電話が来るなんてことは滅多にありません。何か嫌な予感がして電話に出たところ

「ルーク、6時20分に亡くなったって」。。。


その一言を聞いた途端、私は泣き出しました。
なんてこと!その数時間前に彼のことを書いたばかりなのに……。

実はルークの病状のことは数週間前から知っていました。
でも何となく機会を逃してここに書けなかったんです。
ところが前回の記事を書いたときは何故か「書かなきゃ」と思って焦って記事アップをしたのでした。虫の知らせとでも言うのでしょうか。


私は公園では新参者の方です。何せ、小麦が散歩に出られるようになってからのお知り合いなのですから、仲良くして頂くようになってまだ1年経っていません。
犬友達っておかしなもので、本名も家も知らない。知っているのは犬の名前だけ……なんてお付き合いです。
ルークも例に違わず、私はルークの家が「どこら辺」というのは知っていましたが、細かな場所は知りませんでした。
ルークのママは私なんかよりずっと年上で、普通だったら「お友達」なんて呼べないくらいの年齢差がある方です。電話を下さった方もルークのママに近い年齢の方で、だからこそ、その方はルークのママととても仲のいい方でした。

私はルークにもう一目会いたいという気持ちがあったのですが、「新参者の私が出しゃばっても」という思いがあり、その電話の相手の方に「ルークの家を教えて」とは言えませんでした。

でもやっぱり会いたいという気持ちが消えず、私と年齢の近い友達にメールしたところ「夜、ルークの家に行く」という返事を貰ったので、一緒に行かせてもらうことにしました。


夜7時ちょっと前。。。
安らかに眠っているルークに会って来ました。
それまで病魔と一生懸命闘ったルークは、まるで今にも動き出しそうでした。

ルークの棺に近寄り、首の辺りを何度も何度も撫でました。

「起きようよ。ルーク。。。」

何度そう言ってもルークは起きてくれませんでした。

私は本当に久しぶりに思いっきり泣きました。
ルークの愛らしい表情、格好いい走る姿を思い出すと涙は止まりませんでした。結局私は、ルークの家に居る間中、泣きっ通しでした。

いつかは必ず来るこの日。
でもルークはまだ6歳。早すぎる死でした。
若かったので進行も早かったようです。抗がん剤も彼には効き目はありませんでした。

「今度は健康な身体を持ってまた家に来るよね」

ルークのママはそう言っていました。

心残りなのは、こんなに早く別れの日が来るとは思いもしていなかったので、私は一枚も彼の写真を撮ったことがありませんでした。
一枚でもいいから、彼の愛らしい表情を撮っておけば良かった。心底残念でなりません。

でも……いつかまた、ママに連れられたルークに会えると信じています。

今日、彼は煙と共に天に昇って行きます。
走り足りなかった分、思いっ切り走り回ってね。
もうどんなに走っても苦しくないよ。




散歩の帰り道、何度も何度も言った言葉。
そして昨日もルークから離れるときに叫んで来た言葉。
これが最後です。


ルーク、バイバイ!
 

ニックネーム ふうにゃ at 07:44| Comment(17) | TrackBack(0) | お友達ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

『お友達犬の病気』の巻

小麦の公園友達わんこのラブラドール君……。
病気が進行してしまって毎日点滴に通っているそうです。

先日、公園にママが一人で来ていたので
「早く会いたいなぁ」
って言ったら
「もう来られないと思うよ」
との返事でした。

小麦が公園に行き出してからの知り合いだから、まだ1年足らずのお付き合いです。
しかも公園で会うだけで、家も大体の場所しか知らない、名前も知らないお友達です。

でも……
会う時は毎日のように会って声を掛けて、小麦が怪我をすれば心配してくれて、楽しい話をして……ってしていた方の家のワンちゃんです。
とても人事(ひとごと)とは思えませんでした。

ここで私が泣いちゃいけないと思って、涙をぐっとこらえたけど
「もう来れない」と聞いたときは思わず泣きそうになってしまったよ。

「ちゃんと食べてる?」って聞いたら
「私は大丈夫なんだけどお父さんがね〜」って笑って答えてた。
でもママの顔は辛そうだったよ。

ラブラドール君……まだ6歳なんです。
まだまだ青年です。
ついこの間まで元気に走っていたんです。

ママは「皆に会わないと寂しくて来てみたけど、元気な犬の姿を見ると、この間までこうだったのになと思って寂しい」と言っていました。
その気持ちは良く分かります。
小麦がひどく脱臼したとき。。。
もう走れないかもと思って毎日を過ごしていたとき、ただ散歩をしているワンちゃんを見るだけで「いいなぁ〜」って本当に思ったものです。

あれから私より親しくしているお母さんに会うと様子を聞いていますが、まだ然程変わった状況ではないそう。
でも……自分ではもう寝返りも打てない状況だそうです。

どうにか頑張って、また彼の元気な走る姿を見たいです。
あの男らしくて、でもとっても可愛い笑顔を見たいです。

頑張れ!頑張れ!
この気持ちが是非、彼に届きますように。
 
ニックネーム ふうにゃ at 02:21| Comment(4) | TrackBack(0) | お友達ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする