↑一行掲示板です。何か一言残してくれたら嬉しいです(*^_^*)。投稿は左のアイコンをクリック!

2005年08月08日

『フロントラインの疑問』の巻

小麦は毎月始めにフロントラインをします。ノミ・ダニ予防には忘れられないもんね。
でも……ね。本当はすっごく気が重いの。

小麦はフロントラインを付けた途端に、痒いのか、しみて痛いのか……。猛烈に走り出し、そこらじゅうを掘りまくって、なんとかストレス発散しようと頑張ります。
地肌も赤くなってなんだかすごく可哀想なの。
(小麦は毛が薄い……もとい、シングルコートなので地肌が良く見えるのです)

皆さんのワンちゃんもそうなんでしょうか?
小麦だけですか?

次の日には何ともなってないんで、負けてしまうというほどではないんだけど、なんだか走り回ったり堀まくったりする姿が可哀想で、ホント、毎月フロントラインをやるのが気が重くてたまらないのです。

私は小麦を飼い出して初めてフロントラインを使ったので、これが本当の状態なのかどうか分かりません。
「うちはこうだよ〜」と教えて頂ければ有り難いですm(__)m



おまけ。。。

08-08.jpg


これは小麦じゃなくて私の背中(誰が見ても分かるとか言うなぁ!)。
でも小麦のフロントライン直後と同じように赤いです。
はい、自業自得です……_| ̄|○
これでもめーいっぱい日焼け止め塗ったのよ(ToT)

あい……遊び過ぎです。スミマセン。。。
 

ニックネーム ふうにゃ at 23:11| Comment(22) | TrackBack(2) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

『涙やけが……』の巻

小麦が脱臼して退院した日。
身体はドライシャンプーでもしてくれたのかいい香りがしていたんだけど、目ヤニが固まって大変だったふらふら
少しずつふやかしながら拭いてあげたんだけど、きれいに取るまでには数日かかった。それまでもずーっと小麦の涙やけを気にしていたんだけど、避妊手術のときにしてもらった検査では目の中に原因があるということなので、それ以来すっかり諦めモードになっていた。
でも涙やけは気にしていたけれど、退院して来るまで目ヤニなんてものは出ていなかったはず。どうしてだろう?
脱臼にばかり気を取られていたので「今度病院で聞いてみよう」と思いつつ、聞きはぐってしまっていた。

ところが……なのですよ!
今回トリミングに出して改めて気付いたのですが、いつの間にか小麦の涙やけがなくなっていたのです手(チョキ)

06-18-01.jpg
今年1月のトリミング直後の写真。目元に赤い涙やけが目立ちます。

06-18-03.jpg

3月のトリミング直後の写真。上の写真ほどじゃないけど涙やけがあります。

06-18-04.jpg

GW直前にトリミングしたときの写真。頬のところまで涙やけで毛が赤くなっているのが分かります。

06-18-06.jpg


で、これが今回の写真。どう?きれいになっていると思いませんか?

どうしてきれいになったのかは……分かりません(^。^;)
色々と考えても心当たりと言えば、いつの間にか涙ではなく目ヤニが気になっていたので、それはまめに拭いていた。でも涙のときの方がもっとまめに拭いていたのだから、これが直接の原因とは思えない。

あとひとつの心当たりは、食事がドッグフードオンリーではなく、食事制限のために手作り食に近づいているということ。
私はまめな性格ではないので、オール手作り食という訳ではない。手作りに近くなった部分は野菜&豆腐程度。
そこに私達が魚を食べるときに少し加えてあげたり(もちろん塩分なしのもの)するだけ。肉は小麦用のものをわざわざ用意してやったり料理してやるのは面倒なのでふらふらフードを加えている。
ただ、以前はフードオンリーだったものが今のフードの量はトッピング程度。油の量は随分減っていると思う。

涙やけがなくなった原因として考えられるとすればこの辺りかなぁ。

以前、涙やけをとても気にしていたときに「何かいい方法はないものか」とネットを彷徨っているとき、「手作り食に変えたら治った」というのを見たことがある。
でも「それだけは無理でござんす」って感じだったので、敢えて挑戦しなかった。ただ今回、運動なしでの食事制限をするために、特別「手作り食を!」と肩に力を入れて始めたわけではないけれど自然と食材が変わって来たのが功を奏したのか?

なぁんて色々考えたって治った原因が分かるわけはないのですが……とにかく知らないうちに良くなっていたのはとっても嬉しいことなのでありますわーい(嬉しい顔)

一生懸命気にしていた頃には治らなかったものが、気にしなくなったら治っていたなんて……おかしな話だわ、ホント。
 
ニックネーム ふうにゃ at 11:50| Comment(15) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする