↑一行掲示板です。何か一言残してくれたら嬉しいです(*^_^*)。投稿は左のアイコンをクリック!

2005年12月01日

『叱り方って難しい』の巻

なんだかね……。
最近、私ってば小麦に対して威厳がなくなっています_| ̄|○

小麦は1歳過ぎてから段々と悪知恵を付けて来て、毎日毎日知恵比べの日々を送っています。
まぁ、それはそれで楽しいんだけどね。

でも、最近の小麦は「叱られる」って分かっていたずらしたり、言われている言葉を全て理解しているのにわざと無視しているのが手に取るように分かるんです。
どう見ても以前の方が素直だった小麦さん……。

私の叱り方も悪いんです。
どうもこう……ピシッと叱れない。
ってか、叱られるとすぐにお腹を見せて参ったポーズをしちゃう小麦の方が一枚上手(うわて)なんです。

お友達にはとても叱り方の上手な人が居て、いつ見ても
「ああ、こうやって叱らなきゃいけないんだよなぁ」
と思うんだけれど、どうも私にはメリハリがない。
友達の真似をしているつもりなのだけれどどこかが違うんです。

小麦が私を見て一番「怖い」と思うのは、自分が叱られているときではなくて、

ぴーが叱られているとき

らしいんです……(;´Д`)
自分が叱られたときはすぐに「参った」ってして済ませてしまうくせに、ぴーを叱っているときは妙にびびって私から離れて行きます(苦笑)

ぴーを叱るように小麦のことも叱れればいいんだけどなぁ。
どーも小麦に対しては甘くてダメです。
ぴーに対してだと本気で頭に来ちゃうから、怖さか違ってても仕方ないんだけどさ(^。^;)

メリハリを付けて犬に接するのって本当に難しい。
皆さんは上手に叱れていますか?

ってか、何を今更そんなことで悩んでいるのって感じでしょーか。
いつまで経っても情けない飼い主でスミマセン……


12-01.jpg

 

ニックネーム ふうにゃ at 23:51| Comment(12) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

『吠えない犬』の巻

先日、こちらの記事にも書きましたが……。
『おひるねとおさんぽ』のチャロくん、ダックスのイメージとは違い本当に吠えません。飼い主のなるさんとは電話でお話することもあるのですが、そのときも居るのか居ないのか分からないくらい吠えません。ってか、小麦も吠えないので、どちらの家も犬が居ることは全く分かりません。


でもなるさんに聞いてビックリ!
チャロくんってば小さい頃はかなり吠えてたらしいんです。
なるさんの家は集合住宅なので、とにかく吠えさせないということに気を使いしつけをしたらしいのです。
正直、ダックスもきちんとしつけをすれば本当に吠えない子になるんだなぁ……と思って、なるさんはすごいなぁととても感心しました。


ダックスの飼い主様へ
いつもいつも申し訳ありませんm(__)m
どうしても「ダックス=他の犬より吠えやすい」というイメージがあります。これはたくさんのワンコと関わりあってみて、やっぱり吠えるダックスが多いので、なかなかこのイメージは消えません。


その点、小麦は元々吠えない子で良かったよ(^。^;)
小麦が小さい頃は良く「仔犬のときに吠えなくても自我が出てくると吠えるようになるよ〜。チワワもマルチーズも吠える犬種だしね〜」なんて脅かされていましたが、小さい頃は「ケージから出せ〜」と騒いでいた要求鳴きもなくなり、ますます声を聞かなくなりました。

心配したけど、やっぱり吠えない子だったんじゃ〜ん。
私はラッキー♪



だってね。本当に小麦は「ワン!」って吠えるのは数ヶ月に一度だし、「ワンワン!」に至っては生まれて一度も吠えたことがないんですよ。
喉の奥で「バフッ!」っとワンに近い声を出すことはたま〜〜〜にありますが、ワンにはならないので、元々ワンと言うのは苦手なんじゃないかしら?

と、何の疑いもなくずーっと思っていました。


ところがっ!!


先日、小麦が来たばかりの頃のブログのタイトルを眺めていたところ「ワン!」というタイトルが……。


ん?どんなことを書いていたんだろう?と思って見てみたら……。



このところ、人に向かって「ワン!」と吠えて来る生意気こむぎ……。
無駄吠えと定義づけるほどひどいものではないが、遊んでいて興奮して来たりすると、私に向かって威嚇する。いつもはそれだけなのだが、今朝はあんまりお腹が空いていたのか「早くよこせ〜!」って感じで吠えた。で、吠えたお陰でしばしお預け。



あれれ〜?記憶と違うじゃ〜ん!Σ(゚д゚lll)


これ、小麦が家に来てちょうど一ヶ月後に書いたものです。
すっかり忘れていたのですが、実は小麦さんも吠えてたらしいです。しかも私に向かって……_| ̄|○


私もなるさん同様、集合住宅故「吠える」ということに関してとても敏感になっていたのは事実です。
でも、「吠えないしつけ」をした記憶って全くないんですよね(;´∀`)
大変な思いをした記憶も……。


いやはや、私の記憶力が怪しいものだということは十分自覚していたけれど、本当に全く吠えられたことも覚えてないし、しつけた記憶もない。
でもこのブログを見ると、その時はきっと一生懸命悩んでやっていた模様。
もしその時そんなに神経質にならず、私に向かって吠えている小麦を面白がって挑発していたりしたら、もしかしてもっと吠える子に育っていたかもしれません。


いつまで経っても甘噛みの辞められない小麦なので、そんな風にしつけが入っているとは気づかなかったおバカな飼い主は私です……(;´Д`)


喉の奥で「バフッ!」と吠えるのは「ワン!」と吠えることができないのではなくて、吠えれば叱られると分かっているからなのですね。。。ホント、びっくりです。

偉いなぁ>小麦さん(*^。^*) 


ちなみに……吠えて困ったと思った記憶が全くないもので、どうやって吠えないようにしつけたのかは本当に記憶の片隅にもございません(^。^;)
よって、無駄吠え等で悩んでいる方には何の役にも立てず申し訳ありませんm(__)m
 
でも、しつけ次第で吠えなくすることは可能なようです。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、早ければ早いほど楽に「吠えない」ということを習得する可能性もあります。
これから「できるだけ吠えさせたくない」とお考えの飼い主さん。こんな前例もありますので挫けずに頑張ってくださいね!
 
ニックネーム ふうにゃ at 21:52| Comment(16) | TrackBack(2) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

『基本的なしつけを考える』の巻

昨日は実は、記事のエントリーの方にたくさん頂いたコメントに長いお返事を打って「さぁ保存」という段階で間違えて違うものをクリックして消してもーたのでした#em:63896#

んでもってここ数日は日中思いっきりパソコンとお友達していて(いや、会社で強制的にさせられていて)、今日なぞは湿布を貼ってキーボードを叩いている状態。

んな訳で昨日はコメントのお返事だけで精一杯ですた。
今日もこの記事で精一杯かもしれません。お友達のブログは拝見していてコメントしたいなぁと思っていても手と相談するとスゴスゴ帰って来てしまう私。
読み逃げ野郎でごめんなさいm(__)m


そんな状態でもやっぱり書きたかったことがあります。ここ数日ずっと考えていたこと。

「基本的なしつけ」


ところで、基本的なしつけってなんだろう?

しつけ本を広げて見ると……
オスワリ・マテ・コイ(オイデ)・フセ
が基本的なしつけと定義されていることが多い。

我が家の小麦はと言うと……
オスワリ
これはできる。ただ……100パーセントではない_| ̄|○
小麦が座って自慢できるものと言えば、数ヶ月前からできていた散歩時、横断歩道での「座ってマテ」だけ。
コマンドというものは「言ってから従う」でなくてはいけないらしいが、小麦なぞはおやつが欲しい!と思えば私の目の前でかわい〜く座ってくれる(だからそれじゃダメなんだってば……(ーー;))。
ということは「できる」とは言えない段階なのね。きっと。

マテ
もしかしたらこの中では一番成績優秀なものはこれかもしれない。
でも、外ではどうなのかなぁ。以前は随分遠く離れても待ってられたけど、最近は外で「マテ」と言って離れることがなくなったから果たしてどうなのか。
結局これも自信なし?

オイデ
これも100%ではない。そんなにダメダメではないが、興奮してしまうと一度では聞かない。
しかも最近は↑と同じで離れて「オイデ」と叫ぶことをしていないので、離れるまでマテ→オイデができるかどうか定かではない。
ってか呼ぶ前に来ちゃうことも多いし。。。_| ̄|○
脱臼してから甘々になってしまってるんで、今じゃ家の中でも怪しいかもしれないなぁ。

フセ
これまた言う前にもやっちゃいます。オスワリしておやつをもらえなかったら伏せて尻尾を振ります。サービスでゴロンも付きます。。。_| ̄|○
もちろん「フセ」と言っても伏せるけど外じゃきっと無理です。


と、ザザッと振り返っただけでも立派にできるものはひとつもないじゃん!ΣΣ(゚д゚lll)

他の家のワンちゃんはどうなんだろう?
「できる」っていうのはやっぱり100%、どんな状態のときにコマンドを言ってもできるのを言うんだよね?
そんなワンちゃんって居るんでしょうか?って居るんですよね。
(せめて「当たり前じゃん」とは言わないで〜(*´д`;))


でも……こうやって書いていてもちょっとだけ疑問が残ります。
確かに人間のコマンドを聞くのが基本の基本なのかもしれません。
その基本がこの4つなのかもしれません。

数日前からそれを考えていたんです。
確かにこの基本動作がきちんとできていれば、ドッグランなどで興奮しても飼い主の指示に従うのですからトラブルも起こらないのですよね。
うん、それは良く理解できています。

理解はできているつもりなんだけど、なんだかこの4つばかりを推奨されてしまうと、それが何のためなのかっていうことを忘れてしまって、ある意味「芸」的に「できる」「できない」を見ているような気になってしまうのです。

コマンドに従わせる=飼い主に従う、制御できるようにするっていうことなのだから、コマンドを表立って推奨するよりも「人に飛び掛らないようにする」とか「噛み付かないようにする」とかもっともっと人間と生活していく上で大切な面を表に出しても書かれていてもいいんじゃないのかなぁ?

……だから、それが「コマンドに従うようにする」ってことじゃんよって言われてしまうとそうなんですけど。


あああぁぁぁぁ!文章って難しい!
あまりにも支離滅裂で言いたいことが上手くまとまりません。

理解しているところと疑問に思っていることが交差してしまっていて上手に整理できていませんね(*´д`;)
( ̄▽ ̄;)!!ガーン ダメダコリャ。。。


実際問題として小麦は飛びつきを辞められません。
成長して行くにつれ、よその人に尻尾を振って飛びつくことはなくなりました。
でも「お帰り」の歓迎はモーレツで無視しようが叱ろうがお構いなし!ドアを一度閉めてしばらくしてから入り直そうが、ジッとしていようが私の足が側に来たらもう思いっきり立ち上がって足に飛びついて来ます。

このお出迎えだけはどうしても辞めさせたいと思ってアレコレと試しているのですが、なぁんにも効果なし。
多分私の試していることが甘いのでしょう。
試行錯誤しているのですが、まだうまいことが見つかりません。

知らないうちに甘噛みも復活しました_| ̄|○
脱臼して退院してきてからは直っていた甘噛みなのですが、いつの間にか復活を遂げていた( ̄□ ̄;)!!
復活したと気付いてから口の中に手を突っ込んでみたり、遊びを辞めたりとこれまた試行錯誤しているのだけど、小麦さんはそんなことじゃーめげません。


なんだかね……私にとってはコマンドに従うことよりも、こういったことの方が基本的なしつけのような気がするのですよ。
人に対して歯を立ててはいけないんだとか、人に飛びついたらいけないんだとか。
そういったことをまずは辞めさせなければ、どこに危険が潜んでいるかわからない。それは大型犬だからとか小型犬だからとかの問題じゃないと思うんです。

正直、「オイデ」は外で離さなければ済むこと。
(まぁ事故的に離れてしまうってのは今は\(^_\)(/_^)/こっちにおいといて)
よその人の前で座らなくても伏せなくても困ることはない。
(指示に従うとか従わないとか、それも今は\(^_\)(/_^)/こっちにおいといて)

まず人間や他の犬に危害を与えずに共存する方法を教えるのが基本的なしつけなんじゃないかなぁ。

って、我が家の小麦さんはできていないのに偉そうなこと言ってますね(^。^;) 「できてない」って気楽に言えるのは小型犬の特権なのかもしれません。でもその特権にいつまでも甘えていてはいけませんよね。

何度も書いていますが、小麦がひどく脱臼してから、まず第一に「足に負担をかけないこと」とか「足を外させないこと」とか「危険な状態にしないこと」とかばかりに頭が言ってしまって、しつけ面は二の次になっていたような気がします。

今は少し小麦の状態も落ち着いて来ているので、こうやって「いつの間にこんなに小麦に甘々になっちゃってたんだ?」と反省できるのですが、足がひどいときはそんなこと全く頭になかったんです。
まぁ、ずっと自宅療養ですから家族が我慢できれば、他の人に迷惑かけることはないんですから安心しちゃっていたんでしょうね。

小麦もまた少しずつ外に出る生活に戻りつつあります。
だからこそもう一度原点に返って、小麦と家族と他の人と他のワンちゃんと上手に共存して行く上で何が必要なしつけなのかを考えたいなと思います。

「我が家はこれを一番大切だと思ってる」とか
「これはこうだから、これが必要なんだよ」とか
しつけに関してのお考えをまた教えて下さいm(__)m


この間さ。お友達のブログでで
以前、どこかのしつけの本で見たことがある。
『イヌのしつけは8ヶ月までに完了しましょう』という言葉。

と書かれていたのよ!
ガビーン( ̄□ ̄;)!! 小麦はもう昨日9ヶ月になっちゃったじゃ〜ん!
(なんだか毎月21日は何かしらの原因で疲れていて「○ヶ月になりました〜♪」と叫ばれていない可哀想な小麦さん……)

でも犬のしつけに期限はないって聞くしさ。これからだって十分間に合うはずだし考えないよりマシだよね?


今週は何故か「考える週間」&「反省週間」になっちゃってますね。
仕事のしすぎで頭が疲れて変になってるのか?オイラ(*´д`;)



ネタバレ&ちょっと重なる部分もあるテーマですが……次回は
『飼い主のマナーについて考える』の巻
と決定しておりますm(__)m
 
 
ニックネーム ふうにゃ at 21:37| Comment(20) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

『ドッグランのマナーを考える』の巻

昨日寄った那須SAのドッグラン。昨日も書いた通り、思っていたよりいい印象でした。

#em:63813#専用のゴミ箱や水飲み場の設置。草も適度に生えていて走り良さそうなところ。広さも「広〜い!」と驚くほどのものじゃなかったけど、ちょっと気分転換に走るには十分の広さ。こんなランがSAにあるなんて、#em:63813#連れにとってはとても喜ばしいことです#em:63901#

我が家のラン経験は決して多くありません。脱臼する前の小麦は走るのが大好きだったので暖かくなるのを楽しみに待っていたのに、せっかくこれからがいい季節ということろでの運動禁止令。
なもので「ドッグラン」と言われるところは数えるほどしか経験がありません。

だからなのでしょうか。昨日のランではちょっと驚くことがありました。

最初、ラン内には誰も居ませんでした。文字通り貸切状態#em:63899#
小麦を離して少ししたらブラタンのダックス(ナナちゃんと言うのだそうです)が入ってきました。
このナナちゃんはあまり犬慣れしてないらしく、小麦もナナちゃんもお互いにいい距離で遊んでいました。私もナナちゃんの飼い主さんと楽しく歓談していました。

そこに登場したゴールデンレトリーバーを2匹連れ
ニックネーム ふうにゃ at 00:22| Comment(29) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする